AI活用

ChatGPTのライティング活用方法オススメ5選&活用時のリスク対策

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは、Web屋さんのさとちゃーです。

昨年の2022年11月にリリースされたChatGPT。
話題にはなっているけど、いまいち使い方がわからないという方は多くいます。

実はChatGPTとても便利です。
私はとてもライティングが苦手で、それを克服するためにブログを書いているのですが、文章の表現がしっくりこない時など、ChatGPTのお陰でとても助かっています。

今回は、ChatGPTとはどういうサービスなのか、ChatGPTの使い方についてお伝えします。

この記事で解ること
  • ChatGPTで何ができるのか
  • ChatGPTの使い方
  • 使うときのリスク

Chat GPTとは

ChatGPTは、OpenAI社によって開発された人工知能(AI)テクノロジーです。

AIで馴染みがあるのはiphoneでいうとsiri、googleでいうとアレクサがあります。
この2つとChatGPTの違いは、siriとアレクサは音声で対話し、ChatGPTは、テキストベースの対話を通じて情報のやり取りをします。

ChatGPTの特徴

ChatGPTはテキストベースのチャットボットです。

ChatGPTはとても表現力が高く、色々な言い回しの文脈を理解することができ、コミュニケーションをスムーズに行うことができます。

これにより、さまざまな質問に適切に対応でき、創造的な物語や、複雑な文章を生成することが可能となってます。

簡単にいうと、チャットで質問したら、それにAIが文章で答えてくれるサービスです。

これまでもAIを活用したサービスはありましたが、ChatGPTは回答精度の高さと人間のような自然なやり取りが話題となりました。

ChatGPTのユーザー数は急速に増えており、サービス公開後わずか1週間で100万人を突破し、2ヶ月で1億人を超えています。

ChatGPTでできること5選

私がChatGPTで利用している機能は、ブログ記事の文章の校正や、文章
の表現がうまく出来ないときに、言い回しを教えてもらうのに活用してます。

1.ChatGPTと対話する

ChatGPTはまるで人と会話をしてるような、自然な日常会話が可能です。
そして悩んでいることを入力すると、悩みに対する解決策などを提案してくれます。

下の画像のような「最近太ってきたんだよね」と日常会話のように、質問や指示ができます。

質問するとこのように、答えが返ってきました。

2.役割を与える

ChatGPTに役割を与えることができます。

質問の方法①

あなたはプロのマーケターです。以下のキーワードについてSEO戦略を考えてください。

“””
#キーワード
BtoBマーケティング
#やること
キーワードを3個考える
#解答例
・表形式で回答する
・キーワード検索意図コンテンツ表
“””

質問の方法②

あなたはプロのエンジニアです。HDDとSSDを比較してください

“””
#解答例
・表形式で回答する
“””

このように役割を与え、回答の方法を指示することができます。
解答例:表形式と指示するとイメージのような表で解答をくれます。

3.文章をつくる

調べ物や情報収集で解説をしてもらいたい時には、ChatGPTに「〇〇について説明して」などと指示すれば、適切な文章を書いてくれます。

ChatGPTの内容は全てが正しいとは限らないので、内容確認は必ず行う必要があります。

ChatGPTが学習しているデータは2021年9月までなので、最新の情報を知りたい人は、自分で調べる必要があります。

4.文章を校正してもらう

文章に間違いがないか、誤字脱字がないか、AIがチェックしてくれます。
自分でもなんだか言い回しが下手だなというときに、ChatGPTに校正をお願いすると、きれいな言い回しのヒントがもらえたりします。

5.文章を要約する

長い文章を、ChatGPTに貼り付け、要約をしてくれます。
要点だけおさえた文章を書きたいときなどに、便利な機能です。

便利な機能ですが、重要な情報が抜け落ちる場合もあるので注意が必要です。

ChatGPTを使うときのリスク

最新の情報はない

ChatGPTが学習した情報は、2021年9月までの情報なので、時事問題は苦手です。

「日本の情勢をおしえて」と質問しても

私の知識は2021年9月までのものですので、最新の情勢や出来事については伝えることができません。2021年9月以降の日本の現状については、信頼性の高いニュースソースや公式の情報源をご参照いただくか、インターネットで最新の情報を検索していただくことをおすすめします。』と解答が来ました。

最新の情報を調べたい時はGoogleなどに頼りましょう。

解答に不正確な内容が含まれる時がある

ChatGPTはネット上で多くの情報を学び、この言葉の次に来るものを予測して解答しています。
言葉の意味を理解して回答しているわけではありません。

例えば、

カレーの作り方について聞かれ
玉ねぎはみじん切り、じゃがいもと人参は一口サイズ・・・

と表示されました。
この時のAIの挙動は、こんな感じです。

なので同じ質問をしても、意味は似ていても違う言い回しの解答が表示されます。

表示のされ方
  1. パターン1
  2. パターン2

情報漏洩する危険がある

OpenAIは、利用者が入力した情報をAIの学習データに使用しています。
個人情報や会社の情報などを入力すると、漏洩する危険があります。

利用者が使用した学習データの中には、人権侵害、差別や偏見を助長する表現が考えられることもあるので、資料を作成する時の命令の仕方、質問する時の入力の仕方など気をつけて使用する必要があります。

気づかないうちに著作権を侵害している可能性がある

学習データに著作権のあるものが含まれているため、生成された文章が著作権侵害にあたる場合も少なくありません。

特に、生成された文章が既存の記事や書籍などと類似している場合は、著作権侵害の可能性が高まるので、著作権を侵害していないか確認していく必要があります。

まとめ

以上chatGPTについて書いていきました。

便利な反面、上記のようなリスクも潜んでいるので、公の場で使う時などは特に注意が必要ですね。

リスクさえ気をつけて使えば、仕事を効率的にこなすための、強い味方になりなるでしょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました!