マインド

【ビジネスを加速】目標達成まで努力し続けるエネルギーの使い方【成長】

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは、Web屋さんのさとちゃーです。

副業を始めたい。
もっとスキルを付けてビジネスを加速させたい!

と思って、あれもこれも頑張りすぎてダウン…
もっと行動したいけど気力が持たない〜

・・・なんてことありませんか?

昨日頑張りすぎて、今日は何もする気になれない。
でも今頑張らないと将来が不安。

などやりたいことはたくさんあるのに、頑張りすぎるとすぐエネルギー切れを起こしてしまう。
周りの人と自分を比較してしまい、動きの遅い自分にげんなりする。

それってエネルギーの使い方が間違っているのかも。

今回は目標達成するまで努力し続けるために知っておきたいエネルギーの使い方、エネルギーのコントロールする方法をお伝えします。

この記事のゴール
エネルギーの使い方を学び、今やるべきことにエネルギーを使えるようコントロールが出来るようになる。
目標達成するために必要なものと不要なものを整理することが出来る。
その先の未来
自分に集中できることで結果が見えてくる。

エネルギーとは

エネルギーと辞書で調べると下のように出てきます。

 物事をなしとげる気力・活力。精力。「仕事で―を消耗する」「若い―」

引用:goo辞書

「エネルギー」はモノを動かす力や仕事する力のことを言います。
たとえば電化製品では、光を発したり、エアコンを動かしたりする為に電気というエネルギーが使われます。

また、水が高いところから低いところへ流れるのも、木の葉が木から落ちるのも、地球の引力というエネルギーが関わっています。

さらに言えば、人間の細胞一つ一つがエネルギーを保有していると言え、地球上の全てはエネルギー体です。

エネルギーは膨らみ広がる性質があり、食事を摂る、いい空気の場所に行く、良いエネルギーを持っている人とコミュニケーションをとることで蓄えることもできますが、また逆に他から奪われることもあります。

エネルギーは「体力ゲージ」やゲームで言うとHPと同じで消費したり、奪われたりすると、ゲージの残りも少なくなります。

あの場所に行ったら、活力が戻ってきた!
あの人とあったら元気になった!

とチャージをする場合と

あの人の愚痴聞いたら体調が悪くなった。。
あの場所は居心地悪い。

などの奪われる場合があります。

成功している人は、エネルギーが高く、質のいいエネルギーを持っています。
そして質の良いエネルギーをたくさん持っている人に、人は引き寄せられて集まります。

その中には、エネルギーを奪おうとする人もいるので気を付けなければいけません。

エネルギーのゲージがなくなれば、気力、活力が無くなり動けなくなります。
こうしたエネルギー切れを起こさないように、エネルギーの使い方を学ぶ必要があります。

努力し続けるには『やるべきこと』にエネルギーを集中させる

目標や目的が出来た時、やったほうが良さそうな事をたくさん考えます。
けれど全部同時にやろうと思っていても、結局エネルギー切れをおこしてしまい、やりきることができないケースが多いです。

目標を達成させたければ、エネルギーをやるべきことに集中させましょう!

あれもこれもやりたいと、中途半端にしてませんか?
余計な気をつかって、気力をダウンさせてませんか?

気力がすぐ無くなる人はエネルギーを無駄に使っているのが原因です。

エネルギーは車のガソリンと一緒で使えば減ります。
そしてエネルギーの量は体力と同じように人によって違います。

自分のエネルギーの量を知り、どんな場合にエネルギーを消費しているのか、エネルギーをコントロールしてやるべき事に集中することが成果につながります。

エネルギーは有限です!エネルギーのダメな使い方

時間やお金の節約と良く聞きますが、エネルギーも節約しないとどんどん消費されて肝心な時にエネルギー切れをおこしてしまいます。

副業や勉強を頑張りたい人が
仕事から帰って来た後する行動、休みの日に取る行動はどんな行動ですか?

エネルギーの節約法は、成功に関係のないこと、どうでもいいことにエネルギーを使わないようにすることです。

エネルギーを無駄に使っている例を3つあげました。

①人に言うことでエネルギーを発散する

『やり始めたことを人に宣言する』行為これはエネルギーを発散している行為です。

目標達成するために宣言したほうが良いと言う人もいますが、実はそうではなく、宣言しないほうが目標達成しやすくなります。
その理由は、宣言することでエネルギーを発散してしまうからです。

エネルギーは発散する性質をもっています。
なにかを始めようと行動に移したての頃はエネルギーBOXの中満タンな状態です。

満タンなエネルギーは外に発散しようと働きかけます。
こんな感じです。

わたし資格取るために勉強はじめたんだよねー
えーすごーい。
ほんと頑張りやさんで尊敬しちゃうな〜
満たされちゃった満足

伝えることでエネルギーも発散しますし、『すごーい』と言われたことで自己肯定感がまし満足して結果やらないで終わることも…

SNSで発信するのも同じです。

『人に言いたい!』というエネルギーは手を動かして、結果や成果が出たら発散させましょう。

②目標達成に関係ない付き合いでエネルギーを消費する

『気を使う』という言葉の通り、人との交流はもちろんエネルギーを使います。

目標達成に関係ない付き合い、たとえば会社や誘われたからと行く飲み会。
副業したいから勉強を始めたと同時に『人脈を作らなければ』と行く交流会。

交流会や飲み会のあと『ものすごく疲れた』という経験ないですか?

その後も、挨拶などの連絡するのにエネルギーを使い、
やり取りが続いていくことでエネルギーのゲージはどんどん減っていきます。

今その行為必要ですか?

結果、中途半端な人間関係がダラダラと続き結局あの人は何だったんだろう・・・ともなりかねません。
『結果の出ていない段階では、人脈作りはまだ早い!』くらいの気持ちでやるべき事に取り組みましょう

③エネルギーを奪われて消耗する

エネルギー値の低い人はエネルギーを奪おうとします。

エネルギーを奪う人には注意してください!

かまってちゃん・・・こっちの気を引こうとちょこちょこちょっかいをかけてくる。
気にかけてそこに神経を使うことで余計なエネルギーを消耗します。

こういう恋人も、先のない恋愛もこれにあてはまります。

怒りっぽい人・・・「この人今日機嫌いいのかな」とか気を使いますよね。
特に会社の上司とか、先輩が怒りっぽい人だと嫌でも気を使わなくてはならなく、エネルギーは奪われます。
逆にこの怒りっぽい人は、みんなに気を使ってもらってるので元気になるんです。
そのうち周りはみんな疲弊してしまい、人は離れていきます。

このようなエネルギーを奪う人たちとは、できるだけ関わらないように、距離をとったり、関わる時間を減らしたりと対策しましょう。

エネルギーは循環させると大きくなる

ここまでエネルギーの間違った使い方を説明してきました。

次はエネルギーを大きくする方法をお伝えします。

エネルギーはよどみのない人と循環させると大きくなります。

エネルギーは空気と同じで、ただそこにあるだけではどんよりして腐っていってしまうんです。

空気は新しい空気に入れ替わると、重苦しさから解放されて気分よくなります。

エネルギーも同じで循環させて気持ちの良いエネルギーを取り入れれば、どんどんと膨らんでキラキラした良いエネルギーは大きくなって行きます✨

循環とは『ひとまわりして元に返ってくる』ってことです。

循環の方法の1つの例として、コミュニケーションを通して循環させることです。

例えば、落ち込んでどんよりした時、人に悩みを話してスッキリした経験はないですか?

この時どんよりした空気は、相手とコミュニケーションを取ったことにより、循環されて、どんよりが解消されます。

しかし、悩みを聞いた相手は、どんよりした空気を受け取るので疲れてしまいます💦

理想は、自分が良いエネルギーの状態で、同じく全く淀みがない綺麗なエネルギーの人と循環させることです。

そうすれば、エネルギーはどんどん大きくなっていきます。

エネルギーをコントロールし集中させれば結果が付いてくる。

ビジネスを加速させるために継続的に努力し続けるエネルギーの使い方をお伝えしました。

目標達成までは、それ以外に使うエネルギーを節約して、やるべきことに集中させることが成果に繋がります。

自分のエネルギーの量を知らずに、あれもこれもとやりすぎるとエネルギー切れを起こし、結果にたどり着けなくなります。

自分のエネルギーの量を把握して、どこにエネルギーを使うかエネルギーをコントロールして行きましょう!

次回はエネルギーの質と循環の話を書いていきます。
さいごまで読んでいただきありがとうございました。