健康・体力

必要栄養を摂って無敵の体になる方法|人生を変えるための体力づくり

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは。
何か目標に向かって勉強やダイエットなど頑張ろうとしていても、日常生活で疲れてしまっていつの間にかやらなくなってしまった。
こんな経験ありませんか?

頑張り続けれるのは体力があってこそです。
人生変えたいとこれから頑張っていく為には、メンタル・マインド強化、そして体力が必要となります。
成功している人は、体力がめちゃくちゃある『体力おばけ』な人ばかりです

  • 頑張りたいけどやる気がでなくて続かない
  • 仕事でくたくたでそれどころじゃない
  • いろんなことを考えすぎてしまって疲れやすい

思うように動きたくても動けなくて、できない自分をどんどん責めてしまう。
自分ってできない人間なんだと益々落ち込んでしまう。
そんな自分を変えたい!
人生を変える為に食事、栄養を見直して疲れにくい体を手に入れましょう。

  • 体力がないと成功しません
  • 体力をつけるためにはまずアスリートのように食事を管理しましょう
  • 体力をつけるために必要な栄養を知ることが大事

体力をつけるための食事と栄養

まずは脳にいい食べ物をご紹介します。疲れると頭がぼーっとしたりしますよね。

  • 寝ても疲れが取れない。
  • やる気が出ない。
  • 集中できなくて効率が悪くなる。

そんな状態で勉強なんてしても、吸収できず時間がもったいなく感じてしまいます。

今から紹介するのは「ブレインフード」といい、脳の働きを活性化させる効果が期待されます。

※どの食材もアレルギーには注意してください。

集中力・記憶力向上『オメガ3を含む食材』

魚(カツオ、サバ、サンマ、鮭、イワシ)アマニオイルなど

DHA(オメガ3脂肪酸)には血流改善の効果があり、集中力や記憶力の向上がのぞめます。認知症予防にも効果があります。

脳の伝達がスムーズになる『大豆』

納豆、豆腐、枝豆、おから、きな粉、大豆の煮物など

大豆には脳の記憶力や集中力を高める「レシチン」が多く含まれています
また、ノルアドレナリンやドパミンの分泌を高める「チロシン」によって脳内の情報伝達がスムーズに行えるようになり、頭がスッキリして集中力を高める効果もあります。
記憶ケア成分「ホスファチジルセリン」が入っています。

脳の血管の詰まりを解消『緑黄色野菜』

ほうれん草やブロッコリー、ニンジン、カボチャなど

これらの野菜は、神経系の働きに必要なビタミンA・C・Eが豊富に含まれています。
また、脳血管の詰まりを予防する「食物繊維」や神経機能を改善させる「ミネラル」も同時に摂取することができます。
さらに、ブロッコリーには「葉酸」が多く含まれており、記憶力の向上を助けてくれます。

認知症予防『トマト』

トマトに多く含まれる「リコピン」は、脳の老化防止に役立つともいわれ、記憶力の低下や認知症の予防に効果が期待されています。

脳の神経細胞を活性化『ナッツ』

くるみ、アーモンドなど

くるみやアーモンドなどのナッツ類には抗酸化作用のあるビタミンEが豊富に含まれています。脳の老化防止や脳の働きを維持する効果が知られています。
くるみには、体内でDHAに変化する「αリノレン酸」が多く含まれているため、脳の神経細胞を活性化させる働きがあります。

記憶力低下を予防『ベリー』

ブルーベリーやいちご、ブラックベリーなど

ブルーベリーやいちご、ブラックベリーといったベリー類には、抗酸化物質が豊富に含まれています。脳の疲労感を軽減する効果や記憶力の低下を予防する働きがあり、集中力や判断力などを上げるともいわれています。

ブレインフードの効果を発揮させる『水』

水はエネルギーの生産には必要不可欠な存在です。
脳内で起こる化学反応には水が重要な役割を果たしています。

つまりブレインフードだけを摂れば良いのではなく、しっかりと水分も摂ることでより効果が発揮されます。
脳は脱水に敏感で、水分が不足すると疲労感やめまいさらには脳の萎縮が起こる可能性もあるので小まめな水分補給も忘れないようにしましょう!

私がオススメするお水:ファミリーマートの霧島水
手軽に購入できて、ミネラル豊富!硬水だけど飲みやすい!

ただ硬水はミネラルが多く含まれている分、独特な匂いや味があるので、飲みにくさを感じることもあります。またお腹がゆるくなってしまうこともあります。飲みにくさを感じる方は軟水をオススメします。

体力を作るのに欠かせない存在『タンパク質』

タンパク質は、血液や筋肉、骨をつくるのに大切な栄養素です。

筋トレをしたらプロテインを飲むのは、タンパク質が筋肉をつくるのに必要だからです。
肝臓などの臓器を動かすのも筋肉の役割です。

たとえば添加物の多い食事を摂ったとします。
体は添加物を分解しようと、解毒の役割がある肝臓が働き、その際に筋肉が使われタンパク質も消費されます。

タンパク質は体内の様々なところで必要とされています。
筋肉の他にも酵素やホルモンなど体の調節をする役割もあるので、タンパク質が不足すると筋力も免疫も低下してしまいます。

体力を作るのにはタンパク質は欠かせません。

体がズーンと重たくなる体に悪い食べ物

いいもの食べても、悪いものを辞めないと改善しません。
これから書くものはなるべく食べるのを控えたほうがいい食べ物です。

ジャンクフード

糖や塩分、脂質、カロリーを過剰に含み、良質な栄養素が得られません。
不健康な食事は脳の海馬(記憶や顕在性記憶の形成に不可欠な部位)を萎縮させると言われています。

パン、麺類、白米の過剰摂取

パンや麺類、白米など糖質を多く含む食事を一気に摂取することで、血糖値が一気に上昇しその後一気に低下します。これを血糖値スパイクと言い、これが起こると眠気やだるさを感じてしまいます。

また血糖が低下すると、脳のエネルギー源のブドウ糖が不足します。
それによって脳の働きは落ち、イライラ、不安、気分の落ち込みなどの症状がでてしまいます。

添加物

添加物は腸を汚します。腸が汚れるということは必要な栄養を吸収しにくく、また添加物を分解するために、せっかく摂ったタンパク質などの栄養がそこに奪われ、結果栄養が不足してしまいます。

せっかく摂った良い栄養を無駄に消費しないためにも添加物の摂取はなるべく避けましょう。

体質改善に必須の栄養!オススメサプリ

忙しいとゆっくり食事なんて摂ってられないですよね。
そんな時はサプリメントに頼ってしまいましょう

これから紹介するのは必要栄養素をバランスよく補えるサプリメントです。

エネルギーを作り出すサポーター『マルチビタミン』

疲れやすい体、なんだか怠いという時はビタミン不足が原因かも…

マルチビタミンはなぜ必要?
  • ビタミンはほとんど体内で作ることはできない
  • 疲れを癒やすためにはビタミンが必要
  • ビタミンは相互作用して始めて効果を発揮

ビタミンは相互作用して始めて効果を発揮します。
どれか1つでも不足していると十分な効果が発揮されないのです。
例えばの話、ビタミンA、B、Cがあります。ビタミンAとCを100取ったとします。
でもビタミンBが60しか摂れていなければ、ビタミンAもBも60の効果しか発揮しないのです。マルチビタミンをとればそれがバランスよくビタミンを摂ることができるので、疲れにくくなります。

特に現代人はビタミン欠乏と言われています。積極的に摂取したいサプリメントです。

脳神経の働きを良くする『ナイアシン』

体内で様々な化学反応に関わるビタミン神経伝達物質を作る際、ナイアシンは必須であり、ナイアシンが低下していると、不安症状やうつ、不眠などの神経症状が起こりやすくなります。
また体に溜まったアレルギー反応のもととなるヒスタミンを放出するので、アレルギー症状が軽くなります。

ナイアシンの効果
  • 脳神経の働きを助ける
  • 血行をよくする
  • アルコールを分解する

※ヒスタミンが溜まっている人がナイアシンを飲むと、「ナイアシンフラッシュ」が起こり、蕁麻疹や皮膚湿疹がでたり体調不良になる人がいます。ナイアシンフラッシュは大体の人が1時間程で治まるのですが、ナイアシンの飲み方には注意をしてください!

怠い疲れを解消する『ビタミンB50』

ほとんどの栄養ドリンクに含まれているB1、B2、B6。
運動後の疲れや、筋肉疲労時に取りたいビタミンです。
ストレスからくる、肌荒れ、口内炎の症状を抑える効果もあり、飲み続けると肌がキレイになります。

そしてこのサプリメントにはナイアシンが50mg含まれていますので、ナイアシンが苦手な方はこのサプリから試してみてください。

体質改善のための腸活サプリ:マグネシウム

腸は第2の脳と言われているくらい密接に関係しています。

便秘気味だったり宿便が溜まっていると、腸がうまく機能されず栄養が吸収されません。
さらに「便秘気味」になりと悪循環。

マグネシウムや鉄分はそんなお悩みを解消します。
日々腸をキレイにしたい方はマグネシウムサプリを飲むのをおすすめします。

『便秘にはマグネシウムが効く理由』

大昔人間は野菜を食べなかったので食物繊維などありませんでした。
ではどうやって排便機能を促していたのか…

人間は骨をたべてマグネシウムや鉄分を補って排便を促していたのです。

我々が骨髄からでる出汁で作ったスープが好きなのは元々人間が骨を食べていたからだと言われています。

タンパク質を摂るならやっぱり『プロテイン』

タンパク質は肉、魚、豆、卵などから摂取できる栄養素ですが、手軽に撮れるのがプロテインです。

タンパク質の摂取は「寝る前と朝」がいいと言われています。
翌日元気に動けるように、寝る前にプロテインで補いましょう。

体力づくりに欠かせないこと

ここまで必要栄養素を摂って体の中から整え、体力づくりをする話をしましたが、やはり体力をつけるには運動は欠かせません。

いきなりハードな運動はハードルが高いし、無理をすると脳が『運動は辛いこと』と記憶してしまい続きません。

ここでなかやまきんに君の世界一楽な筋トレ&有酸素運動をご紹介。

軽いウォーキングや簡単なスクワットでも良いので、少しづつ体を動かすことからしてみてください。簡単な動きでも毎日繰り返せば体が変化していきます。
体が変化していく姿が結果です。結果がでるとモチベーションも上がります。
頑張りましょう♫

体質改善して実感したこと

食事の改善は、代謝があがり痩せやすくなるメリットもあり、全てにおいてパフォーマンスが向上します。

  • 朝起きるのがつらくなくなった
  • ダラダラ動くこともなくなった
  • 不調な日が減った

食事改善とサプリメントを飲むことで、朝スッキリ起きるれるようになりました。
用意もテキパキでき、朝から爽やかな気分で過ごせるようにもなりました。
頭の中がスッキリすることで、考えすぎて変に疲れることがなくなったので、余力ができて先送りにしていたことも、きちんとこなすことができています。

みなさんも食事改善と腸活、そして必要な栄養をきちんと摂って、人生のパフォーマンスを上げていきましょう♪