webマーケティング

【悪用厳禁】感情を刺激し行動させる9つの欲求『GDTの法則』

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは!Web屋さんのさとちゃーです。

今回は、欲求を刺激して行動させるための法則『GDTの法則』をお伝えします。

マーケケティングにおいてこのGDTの法則というのは絶対に覚えておいて欲しい法則です。

GDTの法則は人間が誰しも持っている欲求をレベル別に表した法則です。
このGDTの法則の理解が深いか浅いかで、結果がかなり違ってきます。

GDTの法則は、使いかたによってとても刺激の強いものになり、詐欺などにも使われたりします。

でも大丈夫です。
GDTの法則を理解すれば、騙されなくなるし、セールスにも強くなります。

まさに一石二鳥ですね。
では、本題にいってみましょう♪

GDTの法則とは

GDTの法則とは、DRMで世界的に有名なマイケル・フォーティン氏が考えた、人が叶えたい欲求を3つのレベルで表したものです。

GDTの法則
  • Goal:目標
  • Desire:欲望
  • Teaser:本性

GDTの法則はこの3つの頭文字から成り立っています。
この欲求を刺激することで、感情が揺さぶられ行動させることができます。

ブログのタイトルや、キャッチコピーなどで使用する時に効果があり、見た人の関心を惹きつける事ができます。

GDTの法則の活用場所

GDTの法則を使いこなすことができれば、怪しい壺でも簡単に売ることができます。

このGDTの法則は、タイトルなどに使うとぐっと興味を惹きつけられます。
ブログやLPなどで、セールスをする時に購買行動に訴えかける構成としてQUESTの法則があります。

QUESTの法則とは

  1. Qualify:「興味付けをする」
  2. Understand:「理解・共感」を示す
  3. Educate:解決策を「教育する」
  4. Stimulate:購買意欲を「刺激する」
  5. Transition:顧客に「変化させる」

この順番に文章など構成していけば、購買行動を刺激します。
GDTの法則は一番上のQuality:興味付けのところに使います

ブログではタイトル、LPではキャッチコピーなどに使用します。

感情を揺さぶる9つの欲求

GDTの法則には9つの欲求があります。
先ほどの3つの欲求をさらに細かくし、1つの欲求それぞれに3つの欲求が含まれます。

Goal  Desires  Teasers の順に欲求が強くなります。

Goal:ゴール

人は時間をかけず、お金をかけず、楽をして結果を出したい。

  • Save Time(タイム):時間をかけたくない
  • Save Effort(エフォート):努力したくない
  • Save Money(マネー):お金をかけたくない

人はとても欲張りな生き物です。
成功はしたいけど、努力したくないし、お金もかけたくないし、すぐに結果をだしたい。
そんな魔法のようなことがあれば、飛びつきたくなりますよね。

このようなキャッチコピーを見かけたことはないでしょうか?

「飲むだけですぐ痩せるサプリ500円」
「スマホで簡単副業、だれでもできる副業で月収100万円」

これを見ると、怪しさもありますが、500円なら試してみようかなと思わず手を出してしまいます。

下の副業のコピーのほうも、Goalの欲求を上手く使い感情を刺激しています。
詐欺師たちはGDTの法則をうまく使って人を騙しています。

このようにGDTの法則を使いこなすことができれば、どんな商品でも売ることができます。

時間をかけたくない

人はできるだけ早く結果を出したいので、時間をかけたくありません。

たとえば、1ヶ月で効果が出るサプリと1週間で効果がでるサプリとで同じ結果が得られるなら、1週間の方を選びます。

今の人達は忙しいので時間をかけるより、効率よく結果を得られる方を好みます。

欲求を刺激する言葉の例
  • 「5分だけ勉強するのすごい効果…」
  • 「お茶を飲むだけ!「1週間で勝手に痩せていく体」になる方法

努力したくない

「楽してお金を稼ぎたい」
「運動せず、食事制限せず痩せたい」

人はできるだけ楽をして結果を得たいと思っています。
目標達成している人の多くが、努力を重ね積み上げることをしています。

ですが、努力を続けるというのは難しいもので、途中で諦めてしまう人もたくさんいます。

そんな時に「飲むだけで痩せるサプリ」や「スマホのボタンを押すだけで副収入ゲット」などのコピーに惹かれてしまうのです。

欲求を刺激する言葉の例
  • 「運動なしでダイエットする方法」
  • 「寝ながらでも1日5万稼げる副業」

お金をかけたくない

このご時世、みなさんお金の使い方にシビアです。

たとえ達成したい目的があっても、高額だと躊躇し、似たような安い物を探したりします。

安くて良いものを手に入れたい。
お得に手に入れたい。

なんて思ったりしませんか?

欲求を刺激する言葉の例
  • 「お金はいただきません。無料で提供します!」
  • 「たった1万円であなたの人生を変える方法を教えます」

Desire:欲望

  • Greed(グリード):富や名誉が欲しい
  • Lust(ラスト):モテたい・愛が欲しい
  • Comfort(コンフォート):快適でありたい・悩みから開放されたい

Desireの欲求はGoalの欲求よりも強いです。
感情よりも本能に近い欲求と言えます。

この欲求は「認められたい」という承認欲求が鍵となっています。

  • ネットを通して色んな人から認められたい!
  • SNSでイイネが欲しい!

今の時代は承認欲求に突き動かされて行動していると思ったほうが良いです。

富や名誉がほしい

誰もが人から認められたいと思っています。
認められることが「報酬」に感じるからです。

収入、地位、学歴、会社、成績、など社会的に優れた人間と思われたいという願望を抱いています。

また「感謝された」「喜ばれた」などの表現も、自分の名誉を提示しているので、この欲求を反映する言葉と言えるでしょう。

欲求を刺激する言葉の例
  • 「成功者だけが知る8つの秘密とは」
  • 「タワマンの最上階から見る勝者の景色を手に入れませんか?」

モテたい・愛がほしい

1人でいるのが好きという人でも、愛が欲しいと思っています。

モテたいには「性欲」が該当します、性欲は人間の3大欲求と言われるほど強いです。
これは子孫を残したいという生殖本能からくるものと言えます、これに訴えかけられると自然と本能に刺激されていきます。

 

欲求を刺激する言葉の例
  • 「これであなたもモテモテに♡」
  • 「人に好かれて感謝される喜び一緒に味わいませんか?」

快適でありたい

悩みやストレス無く快適にすごしたい!
人は不快をさけて快楽を手にしたいという本能があります。

この快適でありたいには、人間関係を円滑にすること、お金の不安を解消すること、健康であることが含まれています。

Teaser:反社会性

  • Scarcity(スケアシティー):希少性がありものが気になる
  • Curiosity(キュリオシティ):好奇心を掻き立てるものが気になる
  • Controversy(コントラバーシィー):自分の常識を覆すものが気になる

このTeaserは一番強い欲求と言えます。

これは人間のサガの部分で刺激されるので、理性・感情に関係なく刺激されます。
見るなと言われたのに「つい見てしまった」という時はこの部分が刺激されています。

希少性があるものが気になる

人はなかなか手に入らないものに希少価値を感じ、高い関心を持ちます。

「限定1名様」や「あと◯日で締め切ります」などのフレーズで

この機会を逃したら2度と手に入らないかもしれない

という緊急性と、

これを手に入にいれて優越感・特別感を味わいたい

という感情が刺激されます。

好奇心を掻き立てるものが気になる

人は新しいものや意外性のあるものに、好奇心が掻き立てられます。

意外性とはギャップのことです。

学校や職場ではメガネをかけて大人しそうな子が、プライベートではメガネを外して、きれいに化粧してると『えっ、こんな一面もあるんだ意外だったな』とその人のことが気になり始めます。
場合によっては好奇心を掻き立てられられ、もっと知りたいと思うようにもなります。

 

自分の常識を覆すものが気になる

人はやってはイケナイことが気になるます。

逆にやれと言われるとやりたくなくなったり…
親に「勉強しろ!」と言われて勉強したくなくなるのがいい例ですね。笑

絶対見てはダメ!と言われると、気になりませんか?

人はやっちゃだめということだったり、争いごとだったりが合ったりすると気になってしまう、どうしても抗えない人間の本性なのです。

まとめ

GTDの法則いかがでしたか?
9つの欲求をみて、私はなんて欲まみれなんだと思いました。笑

この欲求をうまく刺激すれば、どんな商品でも売れるようになるといいます。
GDTを極めて、あなたが提供したい価値あるものを届けれるようにマスターしましょう♪