ブログ

ブログを書くのにお役立ち!伝わる文章構成PREP法を解説します

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ブログを始めたけど、なんだかしっくりこない。
書いていて、結局何が言いたかったのだろう。。。

なんて事ありませんか?

そんな時はPREPで、文章の構成をつくってみましょう。

PREP法は、Point(結論)→Reason(理由)→Example(具体例)→Point(結論)の4つのステップからなる方法です。

この方法を使うことで、ブログで一番伝えたいことがハッキリと伝わり、読みやすく魅力的な記事を書くことができます。

今回はPREP法についてお伝えします。

ブログを書くのにお役立ちのPREP法とは

人はせっかちで、先に結論を知りたがります。

あなたも身に覚えはないですか?
話を聞いていて、結局オチのない話だった時
『オチはないんかーい!』っていうこと。

人はオチ(Point:結論)を求めます。

先に結論言う事で、逆に興味を持たせるという手法です。

その後に理由を言うと、なるほど💡と納得感が生まれ、更に具体例で例えて、イメージを掴む。

そして最後にまたオチをビシッと言ってフィニッシュして、更にグッと引きつける。

こんな流れでPREP法は出来てます。

PREP法のステップ

POINT:結論

まず始めにPOINT(結論)を書きます。
記事のテーマ、一番伝えたいこと、説明する内容の主要なポイントを明確にします。

REASON:理由

次になぜこの結論に至ったのか理由を書きます。
この理由は、結論をサポートするための根拠や説明です。

「なぜなら」や「理由としては」といった言葉を冒頭にもってくると、わかりやすくなります。

EXAMPLE:具体例

例えばの具体的な事例を挙げて、わかりやすく説明します。
具体例をあげることで、イメージがつかみやすく説得力が増します。

POINT:結論

最後にもう一度、結論を言います。
理由、具体例にふれた後で、もう一度結論を強調すると、相手の心に響きやすく相手に納得感を与えることが出来ます。

PREPを使った例文

PREPを用いた例文をご紹介します。

説明は結論から話すことがポイントです。

なぜなら結論から先に伝えるため相手が内容を把握しやすいことと、結論を伝えた後に理由や具体例を説明するため、結論に至るまでの根拠を相手が理解しやすくなります。
PREP法はプレゼンや上司などへの報告、面接の時の自己PRなどのシーンで活躍します。
内容がキチンとされていないと『何を伝えたいのか分からない』という状況が生まれます。PREPを用いれば論理的に話すことが出来、内容に説得力が生まれます。

これらのことから、相手に伝わる話し方は結論から話すことがポイントといえます。

PREPの順番で説明しました。
詳細は以下のとおりです。

P:結論
説明は結論から話すことがポイントです。

R:理由
なぜなら結論から先に伝えるため相手が内容を把握しやすいことと、結論を伝えた後に理由や具体例を説明するため、結論に至るまでの根拠を相手が理解しやすくなります。

E:具体例
PREP法はプレゼンや上司などへの報告、面接の時の自己PRなどのシーンで活躍します。
内容がキチンとされていないと『何を伝えたいのか分からない』という状況が生まれます。PREPを用いれば論理的に話すことが出来、内容に説得力が生まれます。

P:結論
これらのことから、相手に伝わる話し方は結論から話すことがポイントといえます。

例:上司への相談

新しい備品を購入したい時に上司に相談する例えです。

このプロジェクトには、この備品が必要となるので、購入をしていただけないでしょうか。

これだと、理由がわからず、あとから、理由を付け足し歯切れの悪い相談になってしまいます。

このプロジェクトには、新しい備品が必要なので購入していただきたいです。

現在使用している備品は劣化が進んでおり、業務効率に影響を及ぼす可能性が高まっています。新しい備品の導入によって、業務の円滑な遂行をサポートできると考えています。

例えば、最近の機器の故障により、生産ラインの停止時間が増加しました。
これによって生産量が低下し、納期達成にも影響を及ぼしています。
また、従来の備品では新しいプロセスに対応することが難しい状況も生じています。

これらの理由から、新しい備品が必要になりますので購入の検討をお願いいします。

結論→理由→具体例→結論の順で話すことで、ぐっと納得感が高まりました。

このようにしてPREPは活用されます。

もっと詳しくPREP法の解説

見出しに対して結論から書こう

文書を書く上でまず初めに書くことは「結論」です。

先に「その答えはこれです!」と結論を書くことで、「どうしてそうなるの?」と理由が知りたくなります。
結論を先に言うことで、理由を知りたいという欲求が生まれ、続きを読み進めたくなります。

何か述べたら必ず理由を書く

結論が何なのかを述べたら次は、必ず理由を書くようにしてください。

結論で興味を引き出し、理由を探し読み進めても、理由が見つからなければ読み手はモヤモヤしてしまいます。

理由が分かれば『なるほど』と納得感が生まれます。

具体例を入れることで伝わる文章になる

文章を書くなら具体例を入れると、ユーザーに伝わりやすい文章を作ることができます。

具体例とは理由に対しての証拠であり、あなたの記事を読んでくれているユーザーを説得したり、イメージさせたりするための強力な武器です。

最後は結論を述べることで言いたいことが伝わる

文章の最後は、結論を再び述べて締めるのがPREP法の基本です。

最後に結論を述べることで、あなたがもっともいいたいことをよりユーザーに伝えることができます。

最後にきっちりと結論を述べてあげることで、あなたの伝えたかったことがより伝わる「まとまった文章」を書くことができます。

まとめ

PREP法を使うことで、『なるほど』と納得させる文章がかけます。

セールスライティングやコピーライティングにも応用が可能で、プレゼンから普段のおしゃべりなどに幅広く活用できます。

ちょっとした説明でもPREP法は活用できますので、ぜひPREP法を活用して頭の整理をしてください😊

最後までお読みいただきありがとうございました。