マインド

成功者になるためには?|成功した人から学ぶ、行動・考え方をインストール

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

あなたにとって成功者ってどんな人ですか?
辞書には、成功者とは事業に成功していて、富や名声のある人と書かれています。

そして目標を達成した人とも書かれていました。

『君なら成功するよ』
『成功を祈っているよ』

そんな言葉をかけてもらうと、ますます頑張ろうと気合が入りますよね!

ではどんな行動、考え方をしていけば『成功者』に近づけるのでしょうか。

成功者に近づくために、成功している人の行動や考えをこの記事でご紹介していきます。
この記事で紹介した方法を実践して、あなたも成功者に近づいていきましょう♪

成功者の行動や習慣

すぐ行動に移す

成功者に近づくには、とにかく行動することが重要です。

成果というのは、形になった時に見えてくるものです。
成功者は『これやりたい!』と思ったことや、やらなければいけないことをすぐに行動に移せているので成功しているのです。

大半の人達は、やろうと考えても考えるだけで終わってしまう事が多いです。

その原因は『考えすぎて動けなくなるから』
思い当たることはありませんか?

何か成果物を作りたいと考えているとしても、壮大なものを作ろうとして、脳内にストーリーだけ作って終わってしまったこと

頭の中の壮大なものを実際の成果物に仕立てるのは、実際手を動かしてみると思うように行かない事が多いです。その事が記憶の片隅にあるから動けなくなってしまいます。

でも考える前に手を動かしてみましょう。
思いついたら、脳内で壮大なストーリーを完結させる前に行動に移すのです。

すぐ行動に移すことは、メリットしかありません。
・レスポンスの早い人
・すぐに納品できる人

これらの人は信用されますよね。信用は人間関係構築の中で最も重要なことだと言えます。

人はエネルギーの高い人に惹かれる傾向にあるので、行動できる人はエネルギッシュに見られ魅力的に見られます。

成功者に近づくには、『すぐ行動に移すこと』です。
ぱっと動ける人になりましょう♪

適度に運動する

成功者はエネルギー値が高いです。

『体力』 = 『エネルギー値』 というわけではありませんが、
体力がないと、様々な出来事にすぐ疲弊してしまい、対応できなくなり、行動もできなくなってしまいます。

ですので体力がないと成功しません。

運動、筋トレなどしている成功者は多いです。
適度な筋トレや運動は、集中力も上がりますし、頭の回転も良くなり、脳にほどよく刺激を与えることによって効率良く活動できるようになります。

悩みの多い人が、体を動かすと、脳もスッキリするというのも研究でわかっています。
体を動かすことは、自分を大事にしている事にもなります。
他のことばかりに意識がいってしまって、自分のことは後回しにしてしまいがちではないですか?運動は内観の時間とも言えます。

散歩するなど10分ストレッチするなどでもいいので、毎日の習慣の一つに適度な運動を取り入れて、まずは自分に集中することもしてみましょう。

読書をする

成功者は多忙な人が多いです。
忙しい中でも読書をして知識や洞察力、考察力などを養っている人が多くいます。
元マイクロソフト最高経営責任者・マイクロソフト社の創設者のビル・ゲイツ(Bill Gates)も1週間に1冊、年間に50冊は本を読んでいるそうです。

読書をする理由としては、『より知識を深める』こと

読書によって、専門知識、自分の知らなかった知識、著者によって自分と違う角度からの発想や思考と様々な知識が得られます。

読書をすることによって下記のような効果が得られます

  • 会話や文章力が向上する
  • 教養や知識が身につく
  • 想像力が豊かになる
  • クリエイティブな思考が養える
  • ストレスの解消になる

読書は人生を豊かにしてくれるツールの一つでもあります。
成功者に近づくために読書を習慣にとりいれてみましょう。

成功者の考え方

目標設定をしっかり持つ

夢や目標をしっかり持っているからこそ成功する。
〇〇までにこれを達成させる

イメージを明確に持っている人が現実でも夢を叶えていきます。
イメージが明確だからこそ前進しやすいとも言えます。

そんな大きな目標がない!と言う人は無理に大きな目標をたてなくても大丈夫です。

目標設定は大きな目標ではなくても、『今日はこれをする』と言った小さな目標設定から、設定する練習をしてみましょう。

小さな目標を1つづつ達成させていくうちに、自ずと成長して、大きな目標が見えてくるようになります。

逆算思考

逆算思考とは、ゴールや目標を設定してから、それを達成させるためにするべきことを洗い出して、それぞれのタスクにかける時間などを計算することです。

例えば待ち合わせが19時なら19時までにそこにつくように、用意やそこに行くまでの時間などを計算して、家を出る時間を考えます。
用意の時間が30分かかって、行くまでに30分かかり、約束の時間の10分前には到着していたいなどと計算したなら、1時間10分前の17時50分前には出発をしていなければならない。ということになります。

目標の逆算も同じです。
目標をこの期日までに達成させると決めて、そのゴールを達成させるためのタスクの期日を逆算する

または逆算してから期日を決める。逆算思考は、目標の達成までのタスクを明確にすることができます。これが重要なのです。

逆算思考は本来の目的を見失わずに、ゴールまでたどり着くことができ、成果が出しやすいと言われています。

成功者は逆算思考で様々な成果を出していることが伺えますね。

ポジティブ思考

ネガティブ思考の成功者っていると思いますか?
成功者はみなポジティブ思考をもっています。

ポジティブ思考と言ってもお気楽な楽観さをもっているわけではありません。

ただ『なんとかなる』と言ったものではなく、『今、この作業はこつこつやっているのだからきっと終わる』などの具体性のある考え方や思考の人が成功者には多いと言われています。

失敗だったり、過去の嫌な経験などのネガティブな事象も、成功者は引きずったりせず、そこから学びポジティブに変換し次へ活かしていきます。

そしてたとえ失敗したとしても、諦めずに行動しています。
ポジティブに考えるからこそ成功しているのではないでしょうか。

マインドはとても大事です。
成功者と同じマインドをセットして、成功への道を着実に歩んでいきましょう。

成功したければ、成功者の真似から始めよう

目標を達成したい、成功したいと少しでも思ったなら、成功者からマインド(考え方)や行動、習慣などを学びインストールしていきましょう。

成功者は、すぐ行動に移し、自分のための運動や体力づくりをし、知識を深めるために読書をしています。

そして目標をしっかり持ち、その目標を達成するために何をするべきかを逆算し、ポジティブに前に進んでいます。

実際に真似をしていくと、成長が見えてきます。
1歩1歩進んでいきましょう。