サイト構築

【かんたん】わかりやすく教えます!サーバーとはドメインが必要な理由

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは。

この記事はWebサイト開設のときに多くの人がでつまづく『サーバー』『ドメイン』について書いていきます。

  • レンタルサーバーが必要な理由が分かります。
  • ドメインについて知ることができます。

サーバーとドメイン

サーバーとは

PCが苦手な方は『サーバー』と聞いただけでも拒否反応が出てしまいますね。

サーバーには色々種類がありますが、今回説明するのはインターネットを閲覧するために使われる『Webサーバー』の説明です。

自分のパソコンにデータを保存していても、ネットに公開されていることはないですよね?

自分のデーターをネット上で公開するためには、まずネット上の住所が必要となります。

  • ネット上の住所のことをドメインといいます。
  • ドメインを管理しているのがサーバーです。

サーバーは、Webサイトのテキストファイルや画像などのデーターを送ったり受け取ったりすることに使用されています。

自分のサイトにアップロードした画像データや装飾などのプログラムファイルがサーバーによって保存されています。

サイトのURL(ネット上の住所)を打ち込んで検索すると、サーバーにアクセスしサイトのデーターを呼び出して表示させます。

サーバーはデータの保管庫とも言えます。
サーバーが無いとネット上にサイトを公開することができないのです。

  1. ブログサイト『https://niiichi.com』にアクセスするためにPCに入力します
  2. 検索されたドメイン名のサーバーに情報を取りに行きます。
  3. 自分のPCに情報が映し出されます。


サーバーは自分で作ることもできますが、それには専門の知識も必要ですし、自分で作ったサーバーはセキュリティの面でも危険です。

サーバーをレンタルしたほうが安心安全にサイトを運営することができます。

ドメインとは

まずブログやホームページを開設するには、Web上の住所が必要となります。
それが「ドメイン」です。

ドメイン=URL

https://www.XXXXX.com

サーバーをレンタルすれば、インターネット上での住所が割り振られます。
このアドレスは数字で割り振られています。(これをIPアドレスといいます。)

その数字を文字にしたのがドメインと思ってください。

ドメインには共通ドメインと、独自ドメインをあります。

  • 共通ドメインはサーバーから提供されたそのまま使っているもの
  • 独自ドメインはサーバーから割り振られた住所(IPアドレス)に自分で決めた名前に変えて使う

イメージとしては、車を購入したときに車のナンバーを変えずにそのまま乗るか、自分の好きなナンバーに変更して乗るかみたいな感じです。

独自ドメインはインターネットの住所であると同時に、ビジネスの屋号であり、ブランドの証明としても機能するのです。

長くサイトを運営していけば行くほど、サイトに価値がついていきます。

ブログやサイト、自分のお店などブランディングしたいかたは独自ドメインがおすすめです。

独自ドメインがおすすめの人
  • ブログを収益化したい人
  • 自分のサイトでブランディングをしたい人
  • 本格的にアクセスを集めて情報発信したい人

いまからドメイン取得の流れと、共通ドメインと独自ドメインの仕組みについてお教えします。

ドメイン取得の流れ

ネット上の住所となるドメインを取得するにはどうすれば良いのでしょうか。
いまから2つのパターンをお伝えします。

レンタルサーバーを契約する時に独自ドメインを取得する

ドメインを取得する方法の1つは、レンタルサーバーの契約時に、ドメイン名を取得する方法があります。

この方法では、開設したと同時に自分が指定したドメイン名でサイト運営ができます。
下のイメージはサクラサーバーでの契約画面の画像です。

サーバー契約時には、Aの『sakura.ne.jp』ようにサーバーが提供しているドメインと自分で独自に決めれるドメインと2つあります。

サーバーで提供しているドメインは『.com』や『.net』などを指定できずサーバー独自の物が発行されます。サクラサーバーでいうと末尾についている『sakura.ne.jp』がサーバーが提供するドメインです。

サーバー契約時に独自ドメインを取得する場合は、取得したいドメイン名を入力し使用可能かどうかを検索します。

※ドメインの名前は早いもの勝ちです。『niiichi.com』はこのサイトで既に利用されているので、他の人は申込みができない状態になっています。

独自ドメインはサーバーをレンタルするところによってサーバーレンタル料とは別にドメイン使用料を支払わなくてはいけない場合もあります。

他のサイトで独自ドメインを取得する方法

無料レンタルサーバーだと独自ドメインは自分で取得して手続きをしなければならないパターンがあります。

独自ドメインは『お名前.com』などで取得できます。

サイト運営でサーバー提供のドメインを使用していて、途中から独自ドメインに変更する場合は設定変更など面倒なことが多くあります。
先に独自ドメインを取得しておけば、サーバー契約時に独自ドメインと結びつけれますので、独自ドメインをもつなら先にドメインを取得しておきましょう。

オススメレンタルサーバー

私はこのサイトを立ち上げる時にエックスサーバーを契約しました。

エックスサーバーが選ばれる理由
  • 表示速度が速くて大量アクセスに強い
  • ドメインがレンタルサーバーとセットなら無料になる
  • 簡単にWordPressの導入ができる
  • サポートの体制が整っている
  • 不正アクセス対策がしてあり安心

18年以の営業実績のあるエックスサーバーは導入企業は15万社、運用サイトは220万件と多くの方に選ばれているレンタルサーバーです。

メンテナンスもしっかりしていて、他にも安いレンタルサーバーはありますが、コストパフォーマンス的にはオトクなサーバーとなっています。

無料のレンタルサーバーでオススメはXFreeeです。無料ゆえにいくつかの制約はありますが、お試しとして使うのに十分な仕様になっています。

今回は自分でサイトを立ち上げたいと思う人がつまづきがちなサーバーとドメインを解説しました。
必要なことがわかったらサーバーを契約してサイトを開設してみましょう。

ブログの書き方などマーケティングの知識は随時更新していきます。
ぜひまたこのサイトに足を運んでくださいね♪

最後までお読みいただきありがとうございました。