サイト構築

【初心者必見】ブログを開設する時にレンタルサーバーを選ぶポイント

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは。Web屋さんのさとちゃーです。

今や副業ブームで手軽に始めれそうな副業の一つに『ブログ』があります。

ブログをはじめてみたいけど、調べたらサーバーをレンタルしなければいけないらしい…

レンタルサーバーは有料と無料があるけど、何がどう違うのか選ぶポイントがわからなくてお困りではないですか?

出来たらサーバーにお金をかけたくないですよね。

今回はレンタルサーバーについて選ぶポイントをお伝えします。
是非参考にしてみてください。

レンタルサーバーとは

一番はじめにレンタルサーバーについてお伝えします。

Webでホームページやブログなど、なにかサイトを持つときには必ずWebサーバーが必要です。

サーバーはデーターを世界に繋げ発信する、ネットワーク上の保管庫の役割をしています。

サーバーがなければ手元のデーターは、自分のパソコンの中にあるままで世界に発信することはできません。
そこでサーバーをレンタルする必要があるのです。

もっと詳しくサーバーのことが知りたい方は下の記事をぜひ読んでください!

【かんたん】わかりやすく教えます!サーバーとはドメインが必要な理由こんにちは。 この記事はWebサイト開設のときに多くの人がでつまづく『サーバー』『ドメイン』について書いていきます。 ...

何を基準にレンタルサーバーを選べば良い?

ブログサイトを立ち上げるにはサーバーが必要ですが、レンタルサーバーを調べると有料のものばかりおすすめされます。

自分のサイトに何人見に来てくれるかわからないし…
できればお金をかけたくない

など何を決め手にサーバーを選べば良いのか迷ってしまいますよね。
レンタルサーバーを選ぶ基準をあげましたので参考にしてください

レンタルサーバーを選ぶときの基準

ここにタイトルを入力
  1. ポイント1…WordPressが使えるか
  2. ポイント2…サポートは充実しているか
  3. ポイント3…自動バックアップがついるか
  4. ポイント4…商用利用できるか
  5. ポイント5…導入実績が豊富であるか
  6. ポイント6…独自ドメインが取得できるか

ポイント1…WordPressが使えるか

WordPressはホームページ作成に多く使用されています。
理由はカスタマイズしやすい、デザインテンプレートが豊富とhtml・cssのコードを書かなくても素敵なサイトが作れるというメリットがあります。

またプラグインも充実しているので、セキュリティ強化やカスタマイズなどもしやすく、使用しているユーザーも多いので、ネットでも検索すればお役立ち情報を沢山見ることができます。

このことから、ブログサイトを構築するにあたって、WordPressを使いたいと考えている方が多いのです。

WordPressを自分でインストールする場合には、沢山の手順を踏まなければなりません。

WordPressの簡単インストール機能があるかも選ぶポイントの一つです。

ポイント2…サポートは充実しているか

より充実したサポート体制を望む場合は、以下の項目の有無をチェックしましょう。

  • 独自SSLサービスの対応
  • 電話サポートの対応時間
  • データベースの管理
  • 設定代行サービスの有無
  • 電話によるサポート対応
  • 自動バックアップ搭載など

ネット初心者の方はSSLやデータベースと聞いても、ピンとこない方のほうが多いのではないでしょうか。

有料のレンタルサーバーにすれば、セキュリティもわからないことのサポートも充実しています。

ポイント3…自動バックアップが付いているか

自動バックアップとは、レンタルサーバーのデータを自動で保存し、一定期間にわたりデータを保存する機能のことです。

万が一

パソコンの電源がいきなり落ちた!!

など重要なデータが消失してしまった場合でも、バックアップからデータを復旧することができます。

ポイント4…商用利用できるか

自分でブログサイトを始める理由のほとんどの方が、あわよくばブログで収入を得たいと思っています。

『せっかくブログやるなら収入欲しいよね!』

ネット通販サイトの運営や、アフィリエイトサイトを開設したブログサイトは、商用利用に該当します。

有料レンタルサーバーでは商用利用を許可していることがほとんどです。

商用利用OKと言っても、利用規約などで禁止されている事項もあります。各レンタルサーバーの商用利用の可否とあわせて、必ず利用規約なども確認しておきましょう。

ポイント5…データの転送量の上限

ユーザーがWebページを閲覧した際、サーバー側から閲覧者にデータが転送されます。

アクセス負荷を抑制する目的でサーバーのデータ転送量の上限が決まっているため、「◯GB/日」という記載を参考にして選定しましょう。複数のWebサイトや大規模なECサイトなどを運営する際は、より転送量が多いサーバーが適しています。

ポイント6…独自ドメインが取得できるか

独自ドメインは、ビジネスの屋号でありブランドの証明としても機能します。
事業をしている人は独自ドメインを取得することで、ネット上の信頼性が高まります。

無料レンタルサーバーは、独自ドメインを自分で取得しなければならず、設定も面倒だったりします。

おすすめのレンタルサーバーを紹介

イチオシ!無料のレンタルサーバー

無料のレンタルサーバーは

  • 名刺代わりの簡単なホームページだけでいい
  • サイト制作練習用に使いたい

という人にオススメします!

無料のレンタルサーバーはXFreeeをオススメします。

XFreeeは無料ゆえに、3ヶ月に1回、手動で更新など、いくつかの制約はありますが、お試しとして使うのに十分な仕様になっています。

エックスフリーとは?使うメリット・デメリット、WordPressが使える無料レンタルサーバー比較!

無料レンタルサーバーは無料なだけあってサーバーの容量などが小さいので、データーが多くなるブログや情報が多いホームページにの運用には向いていません

また商用利用が不可のものも多く、独自ドメインを取得して設定するのもひと手間かかったり、独自ドメインが使えないものもあります。

ホームページなどのサイト制作の練習に使うときや、とりあえず名刺代わりのホームページでいいという方は無料レンタルサーバーでも十分ですが、本気でサイトを運営したい方は有料のサーバーを選ぶことをおすすめします。

イチオシ!有料のレンタルサーバーの紹介

独自ドメインを取得して本気でサイトを運営したい!という方

安心でストレス無くホームページやブログを運用していきたい方は、有料のレンタルサーバーを選んでください。

ここで私がオススメしたいレンタルサーバーを紹介します。

私のおすすめするレンタルサーバーはエックスサーバーです。


エックスサーバーが選ばれる理由
  • 表示速度が速くて大量アクセスに強い
  • ドメインがレンタルサーバーとセットなら無料になる
  • 簡単にWordPressの導入ができる
  • サポートの体制が整っている
  • 不正アクセス対策がしてあり安心
  • 商用利用可能

18年以の営業実績のあるエックスサーバーは導入企業は15万社、運用サイトは220万件と多くの方に選ばれているレンタルサーバーです。

サポートもしっかりしているので初心者にも使いやすいですし、セキュリティもしっかりしているので安心して使用することができます。

難しい設定もなくWordPressも簡単に導入できるイチオシのサーバーです。

まとめ

レンタルサーバーの選ぶ基準についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?

ホームページの運用開始する時の参考になれば幸いです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。