サイト構築

【画像付き】WordPress手動インストール手順方法【FTP】

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは!Web屋さんのさとちゃーです。

エックスサーバーでwordpressをインストールするには、契約時のクイックスタートともう一つ手動でインストールして始める方法があります。

こんかいは後者の手動インストールの方法をお伝えします。

この記事はこんな方におすすめです!

  • テストページを作りたい人
  • もう一つサイトを運営したい人
  • とにかくWordPressに慣れたい人

準備するもの

  • エックスサーバーの契約時のメール
  • FTPソフト

WordPressのファイルをダウンロードする

  • STEP1
    WordPress.orgからファイルをダウンロードする
    ダウンロードリンク
    https://ja.wordpress.org/download/
  • STEP2
    ダウンロードボタンをクリック

    ※2023年8月31日現在のバージョンはwordpress-6.3.1でした。
    バージョンは変更されるごとに数字が変わっていきます。

  • STEP3
    zipファイルの解凍をする

    wordpress-*.*.*-ja.zipのファイルがインストールされているかPCのダウンロード先を確認しましょう。

    ファイルが確認できたらzipファイルの解凍をします。

    zipファイルをダブルクリックでファイルを解凍

    解凍するとwordpressのフォルダが出てきます。

エックスサーバー管理画面にログインする

エックスサーバー契約時メールにアカウント情報が記載されています。
確認しながらログインしましょう。

下の画像は契約時に届いたメールの画面です。

・メールアドレスかID、パスワードを入力してログインする
※『Xserverアカウント』ログイン情報

ドメインを取得する

独自ドメインを追加する工程です。
独自ドメインが不要の場合は次の工程へ移動してください

共有ドメインにWordPressのテストサイトを作成したい場合はこちらの記事を参考にしてください

Xserverファイルマネージャの使い方|共有ドメインでページを増やす方法こんにちは!Web屋さんのさとちゃーです。 今回はxserver(エックスサーバー)のファイルマネージャの使い方 共...
  • STEP1
    ドメイン取得をクリック

    管理画面のドメイン取得をクリックする

  • STEP2
    ドメインが取得できるか検索する

    ①の欄に取得したい独自名を入力
    ②独自ドメインの末尾の「.com」や「.net」など選んでチェック
    ③ドメインを検索するをクリック

  • STEP3
    検索結果からドメインを選択する

    ①取得したいドメインに☑(チェックする)
    ②「利用規約」「個人情報の取扱について」に同意する
    ③お申込み内容の確認とお支払いへ進む

  • STEP4
    お支払い方法を選択する

    お支払内容を確認したら、お支払い方法を選択『決済画面へ進む』をクリック

  • STEP5
    topページに戻る

    決済が無事終了したらTOPページへ戻る

ドメインをサーバーに登録する

  • STEP0
    サーバー管理設定に行く

    ①エックスサーバーの管理画面で取得したドメインを確認する
    『サーバー管理』をクリックしサーバーパネルへ移動

  • STEP1
    サーバーパネルにログインする
    サーバーパネルログイン情報(ID、パスワード)も契約時に届いたメールの中に掲載されています。

  • STEP2
    ドメイン設定をクリック
  • STEP3
    ドメイン設定追加タブをクリック

    ①ドメイン設定追加タブを選択
    ②取得したドメイン名を入力
    (STEP0でドメイン確認したときにドメインをコピーして、ペーストすると楽です。)
    『確認画面へ進む』をクリック

  • STEP4
    確認できたら追加するをクリック
  • STEP5
    確認画面に進む

    ドメイン設定一覧のタブで追加したドメインが反映されているかを確認する

    ドメインが反映されるのに1時間ほどかかります。
    そろそろかなーって時間になったらもう一度反映されているかを確認してください。
  • STEP6
    確認できたら次のステップへ

WPのファイルをサーバーにアップロードする

データベースの作成

データベースとは

WordPressを動かす為に必要になるデータ、情報を保管する場所です

データベース作成の流れは次のとおりです。

  1. データベース名を決める
  2. MySQLにユーザーを追加する
  3. MySQLにユーザー名とアクセス権を追加する
  4. WordPressをインストールする
  5. WordPressとデータベースを接続させる
  6. WordPressにログインする
  • STEP1
    サーバーパネルログイン
  • STEP2
    データベース→MySQL設定
  • STEP3
    データーベース名を決める

    1. MySQLのタブ
    2. データベース名入力
      ※半角英数字で入力
      ※記号不可
    3. 確認画面に進む


    確認画面になるのでそのまま追加する。
    ※文字コードはそのままで問題ないです。

  • STEP4
    MySQLにユーザーを追加する

    MySQLのバージョンは変更しなくてもOK

    1. MySQLユーザ追加タブ
    2. MySQLユーザIDを入力
      ※半角英数字で4文字入力
    3. パスワード入力
    4. 確認画面へ進む
    このIDとパスワードはWordPressのインストール時に必要になります。
    忘れないように控えておきましょう!
  • STEP5
    追加したユーザー名があるか確認

    • MySQLユーザ一覧のタブを選択し、先程追加したユーザがあるか確認する
  • STEP6
    MySQLにユーザ名とアクセス権を追加する

    1. MySQL一覧のタブを選択
    2. 追加したデータベースの行のアクセス権未所有ユーザのプルダウンをクリックし、先程作成したMySQLユーザーを選択
    3. 追加をクリック

    次にアクセス権所有ユーザのプルダウンをクリックし、ブルダウンの中から先程作成したユーザーを選択

    この画面でデータベースのバージョンが確認できます。

  • STEP7
    データベースの設定終了です
    おつかれさまでした!

WordPressのインストール画面を開く

ブラウザの検索欄に先程作成したドメイン名を入力します。

WordPressへようこその画面がでます
『さぁ、始めましょう』をクリックして次に進んでください。

DNS設定の反映は1〜2時間程かかります。
時間を置いても反映されない時はサポートへ問い合わせてください

手順
  1. データベース名
    WordPressで使用したいデータベース名を入力します。
    なんでもOK。
  2. ユーザー名
    MySQLで設定した、MySQLユーザー名を入力
  3. パスワード
    MySQLで設定した、パスワードを入力
  4. データベースのホスト名
    何も指定がなければlocalhostのままでOKです

    データベースのホスト名はサーバーパネル >サーバー >MySQL一覧のタブで確認できます 
  5. テーブル接頭辞
    とりあえず設定しときましょう。

    ひとつのデータベースの中に複数のWordPressをインストールしたい場合は変更してください。
手順
  1. サイトタイトルを入力
  2. ユーザー名を入力…WordPressのログインに必要になります
  3. パスワードを入力…WordPressのログインに必要になります
  4. 自分のメールアドレスを入力
  5. 検索エンジンでの表示は、チェックしないでください
  6. 『WordPressをインストール』をクリック
ユーザー名とパスワードは必ずメモしましょう

この画面が出たらWordPressのインストールは無事成功です。
念のためログインをクリックしてWordPressにログインしてみましょう!

先程設定したWordPressのユーザー名とパスワードを入力します。

ログインできたらOKです!おつかれさまでした!