サイト構築

Xserverファイルマネージャの使い方|共有ドメインでページを増やす方法

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは!Web屋さんのさとちゃーです。

今回はxserver(エックスサーバーのファイルマネージャの使い方

  • 共有ドメインのページの増やし方
  • 共有ドメインにWordPressを練習用で入れるための準備

をお伝えします。

エックスサーバーを契約したときに、ワードプレスクイックスタートでドメインも一緒に作成した人は、共有ドメインのページの存在なんて知らずにいるのではないでしょうか。

だって、そうでしょう使うときがないんですもん…

でもせっかく有料のサーバーをレンタルしているのなら、共有ドメインのページとテストサイトのつくり方を知った方が得じゃないですか?

というわけで、サーバー内にファイルを増やしてページを手動で作成する方法を学習していきましょ〜♪

用意するもの

Xserver契約時に届いたメール

以上です!

契約時に届いたメールを見てみましょう。

今回の記事では

【1】お申し込み内容について
【2】管理ツールのログイン情報

を使用します。

共有ドメインのページアドレス

共有ドメインのページアドレスは【1】お申し込み内容についてに書いてある

初期ドメインの頭に、https://を付けたhttps://初期ドメインが共有ドメインのアドレスです。

見本: https://niiichi****.xsev.jp

アクセスしてみましょう

https://初期ドメインにアクセスしてみましょう。

こんな画面が出てきました。

ファイルの場所を確認

サーバーの中のファイルはどのようになっているか知りましょう

手順
  1. Xserver管理画面にログイン
  2. ファイルサーバーへアクセス

契約時に届いたメールの【2】管理ツールのログイン情報を使用します。

ファイルマネージャにログイン

まずはXserverの管理パネルにログインします

メールアドレスのところに、のXserverアカウントID又はメールアドレスを入力します。

パスワードのところにのXserverアカウントパスワードを入力します。

パスワードを忘れてしまった場合

ログインボタン下の『パスワードを忘れてしまった方はこちら』のリンクから再設定ができます。

Xserver管理画面

ファイル管理をクリックするとファイルマネージャに入れます。

 

ファイルマネージャの操作方法

ファイルマネージャのに入ると、サーバーの中のデータが操作できます。

ファイルマネージャ操作一覧
  • 新規作成…ファイルを新規作成できます。
  • 新規フォルダ…フォルダを新規作成できます。
  • コピー…フォルダやファイルをコピーできます。
  • 編集…ファイルの中の内容を編集することができます。
  • アップロード…PC(ローカル)のデータをサーバーの中にアップロードできます。
  • ダウンロード…サーバーの中のデータをPC(ローカル)にダウンロードできます。
  • 削除…ファイルやフォルダを削除できます。
  • 名前変更…フォルダ・ファイルの名前を変更できます。

一番はじめの画面には、ドメインの名前のフォルダがあります。

各ドメインのデータがドメイン名のフォルダの中に格納されています。

バックアップを取る

データを変更を行う時は、なにかあった時の為に、必ずファイルのバックアップをしてください。
バックアップのやり方はご自分の好きな方法で大丈夫です。

バックアップのやり方の例
  • ダウンロードしてバックアップをとる
  • サーバーの中にバックアップファイルを置いておく
  1. バックアップ取りたいファイル選択
  2. コピーをクリック
  3. ファイルの名前を変更(バックアップとわかるように)
  4. コピーをクリックして終了
  5. ファイルができているか確認する

フォルダの階層とURL

フォルダの階層とURLについて説明します。

『https://niiichi****.xsev.jp』にアクセスした時、

共有ドメインフォルダ(上の画像で言うと niiichi***.xsrv.jp フォルダです)
> public_html
 index.htmlファイルを読み取っています。

別のページを増やしたい場合には、同じ階層に別名のhtmlファイルを作成するか、フォルダを作成しその中に、ファイルを作成します。

共有ドメインにwordpressを作りたい場合

WordPressをアップロードする場所
  1. 共有ドメインフォルダ > public_htmlの中に適当な名前のフォルダを作成します
  2. ①で作成したフォルダの中にWordPressのデータファイルをアップロードします。

WordPressの手動アップロードの方法はこちらの記事を参考にしてください。

【画像付き】WordPress手動インストール手順方法【FTP】こんにちは!Web屋さんのさとちゃーです。 エックスサーバーでwordpressをインストールするには、契約時のクイックスタートと...

※WordPressのアップロードファイルは大きすぎるので、ファイルマネージャでアップロードすることができませんでした。

FTPソフトに接続して操作することになります。
こちらFTPソフトFilezillaのインストールや操作方法について書いてあるので参考にしてください。

初心者向け:FTPソフトFilezillaの使い方【画像つき】Webページを作る仕組みとして、PC上で作ったWebページのデータをサーバーに送る作業が必要となります。 その時に必要となるのがF...

まとめ

  • 共有ドメインのページの増やし方
  • 共有ドメインにWordPressを練習用で入れるための準備

をお伝えしました。

WordPress手動インストールの方法は別の記事で紹介しています。
WordPressは一度触ってしまうと、後なかなか触らなくなるので、操作に慣れたい方はこの方法でwordpressを手動インストールして練習してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。